多汗症は治療ができる!~悩みカットセンター~

医者

発汗異常の解決法

ガッツポーズをする医者

必要性が問われるでしょう

多汗症は、現在美容外科の治療の対象です。この手のクリニックでは、手術や注射などの方法で多汗症を治療していきます。クリニックによってアプローチ法には違いがありますが、汗の悩みを解決出来る一つの方法としてこういった専門治療が知られ始めている状況です。現れる症状に個人差があるのが、この多汗症です。汗の増える部位もワキの下から顔、掌まで幅広く、悩みの程度もそれぞれ異なります。ワキの下に起こる多汗症の場合には、少なからず臭いが発生するパターンが多いです。この部位にはアポクリン腺が多く見られるため、細菌の繁殖によって特有の臭いを生じさせてしまうことがあります。このようなケースは場合によって、専門的な治療が必要です。美容外科のクリニックでは、現在様々な方法で多汗症治療を提供しています。カウンセリング態勢も整っており、治療の適用や必要性について専門のスタッフと相談することが可能です。実際、多汗症治療が必要か否かは本人を取り巻く環境によって違ってきます。プライベートで大きなコンプレックスを抱えている場合や、仕事上人と近距離で接する機会が多い方の場合には、多汗症治療が一つの解決策です。多汗症の治療は、現在個人の選択で行なうスタイルが主流となっています。この手の治療で多く行なわれている手術では、多くの場合汗腺を除去します。発汗に大きく関係している交感神経をブロックする方法も試みられることがあり、負担が意外に大きいのが多汗症治療です。そのため、今後は治療の必要性が問われることが多くなると考えられます。

自律神経が関係しています

多汗症は、交感神経が働き過ぎることが一因とされています。交感神経は自律神経の一つであり、様々な要因で乱れるのが特徴です。これまで多汗症は、精神的なストレスや緊張などによって引き起こされるという認識がありました。ですが、こういった心理的な影響は然程大きくないというのが、最近の説です。自律神経の働きは、実際意識的にコントロール出来ないことがあります。体の様々な部位に存在する交感神経が、何らかの理由によってひとりでに過敏になってしまうことが問題です。ですので、多汗症治療では、こういった交感神経を直接ブロックする方法が広く行なわれます。多汗症治療で時に問題となるのが、代償性発汗と呼ばれる現象です。この現象は、特定の部分の汗腺を除去した場合などに起こります。本来発汗するべき汗が、汗腺を除去されたことによって出所を失い、他の部位から分泌されてくるのがこの代償性発汗の起こるメカニズムです。この場合にも、大元にある交感神経の働きがかなり影響しています。ですので、多汗症の治療では自律神経の働きに注目してアプローチを考えていくことが一つの合理的な方法です。最近の美容外科クリニックでは、そういった点にも注目して診療を行なっており、一人一人に合った有効な方法を見つけることが出来ます。多汗症は発生のプロセスが意外に複雑であり、表面的な対処では解決出来ないことがあるのが厄介な点です。専門医に相談するなどの方法で、効果的な解決法を考えていくことが大切となります。

汗っかきが気になる時は

看護師

多汗症の治療ではボトックス注射や手術といった方法は症状によって保険も適用されます。汗が気になってさらに発汗に繋がるという悪循環に陥る方もいます。まずは治療を受けてみて多汗症を気にせずに生活することを体験してみましょう。

View Detail

汗に関する悩みを解決する

脇

多汗症の治療方法や今後の技術の発展についてと、治療後にも気になる場合にどのような対処方法があるかをお話しています。気になる多汗症を治して毎日を快適に過ごすために必要な情報を掲載した内容になっています。

View Detail

その汗は止められます

笑顔の女性

多汗症の治療には発汗を抑えるための手術やボトックス注射が行われています。緊張しやすい性格の方はメンタル面を整えることで多汗症が改善することもありますので、どんな場面で汗をかきやすいかということも含め美容外科で相談してみましょう。

View Detail