多汗症は治療ができる!~悩みカットセンター~

笑顔の医者

その汗は止められます

笑顔の女性

内側からも対策を

多汗症はワキや顔、手などから日常生活に支障が出るほどたくさん汗をかく症状です。服に汗染みができてしまったり、ワキガの場合は独特な臭いも生じるため、周りの目を気にして対人関係に影響が出てしまうこともあります。汗取りパッドやパウダーなどの対策グッズもたくさんあります。また臭いを抑えるケア用品などもあり、多汗症でお悩みの方なら使ったことがあるという方も多いでしょう。しかし、これらの対策グッズは元から発汗を抑えるわけではありません。汗取りパッドでは追いつかない時もあるでしょうし、顔や手の場合はハンカチで拭き取るしかありません。臭いが強い方であれば市販の商品では抑えきれないということもあるでしょう。美容外科などの医療機関では元から汗を止める治療を受けることができます。症状によっては医療保険が適用されることもあります。治療方法には手術で発汗を止める方法と、ボトックス注射で一時的に抑える方法があります。一時的と言っても4ヶ月ほど持たせることができるので、夏場だけ治療するなどセルフケアと併用しながらリーズナブルに汗対策を取ることもできます。手術の場合は日帰りで受けることができます。顔や手など自分で対策をすることが難しい場所の多汗症は手術で解決できるのです。出てくる汗を抑えることが大変でお困りの方はこのような治療を受けることもできるということを覚えておきましょう。多汗症にお悩みならまずは美容外科などの医療機関を受診して、どんな方法で治療を受けるか相談してみましょう。

適した方法

多汗症は発汗量が多い症状のことですが、体質が原因であると思い込むのは早いのです。他の病気でも汗がたくさん出る症状を持っているものもありますし、お薬の副作用で汗をかくものもあります。汗がたくさん出てきて困っているという方は、多汗症の治療を受ける前に別の病気がないかどうかは調べておく必要があります。また、多汗症はメンタル面が原因となっていることもあります。緊張する場面では汗が特にたくさん出てきてスーツにまで汗染みが出来てしまうという方もいるでしょう。しかし普段はそういったことがないのであれば、性格や考え方について見直してみることもおすすめです。緊張しやすい性格の方や、失敗した時のことばかり考えてしまうという方は、多汗症の手術やボトックス注射を受ける前にメンタルの状態を整えるためのクリニックやカウンセリングを利用した方が良いこともあります。また、自分の汗が臭くないかどうかが気になって人前に出ることに抵抗があるという方も同じです。緊張をほぐすような考え方を身につけることで、多汗症が治ってしまうというケースもあります。このような方の場合、手術などは必要ないということになります。ある特定の場面で汗が大量に出てくるという方の場合は美容外科でも相談に応じてくれます。丁寧なカウンセリングを行っているクリニックを口コミやレビューなどを見て探してみましょう。デリケートな悩みでもあるので、真摯に丁寧な態度でカウンセリングを行ってくれるクリニックが安心です。